教育システム・特色

産官学連携プロジェクト

藤ノ木古墳出土の装身具を復元

藤ノ木古墳

藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町、6世紀後半)からは大陸文化が凝縮された豪華な埋葬品が多数出土し、なかでも1万数千点にもおよぶガラス玉が連なる装身具は、世界的にも珍しく、大きな話題となりました。その発掘調査を進めてきた奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の依頼を受け、染織コースの専攻科生が中心となってガラス玉副葬品の復元制作をしました。復元された装身具は奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で、特別展「金の輝き、ガラスの煌き-藤ノ木古墳の全貌-」に展示されました。

back top