美術科<2年制>

陶芸コース/Ceramic Art

1回生の学び
基礎を学ぶ

前期は、陶芸の基礎技法としての土づくりや道具づくりから、土もみ、手びねり成形、タタラ成形など各種技法並びに釉薬・焼成技法を学びます。後期にはロクロ成形の基本である土殺し・土取りから始め、湯呑み、平物、袋物、さらに円筒から丸花瓶へとロクロの技術および装飾・マチエール研究と一貫した学習で技を高めます。こうした体験学習から造形を厳しくとらえる力を養い、土をこねることを通して人間の存在の意味を問い、応用成形に進みます。

  • ● 陶芸基礎準備
    • ・ 土づくり
    • ・ 道具づくり
    • ・ 土もみ
  • ● 手びねり成形
  • ● タタラ成形
  • ● 型成形
  • ● 装飾技法
  • ● ロクロ成形
    • ・ 基本動作
    • ・ 基本成形
    • ・ 応用成形
  • ● 土器制作
  • ● 進級制作
手びねり成形
手びねり成形
装飾技法
装飾技法
学外窯元研修
学外窯元研修

2回生の学び
表現力を高める

1回生で体得した基礎技法を土台に、高度な技法を駆使して課題制作に取り組みます。各種技法を応用した花器の制作、抽象作品(オブジェ)の制作、用と美を考えた器の制作、古典写しによる制作を重ねてオリジナリティーあふれる個性豊かな作品を生み出します。さらに黒陶窯・薪窯などさまざまな焼成の技法を習得します。

  • ● 課題制作A
    (各種成形技法)
  • ● 課題制作B
    (抽象による制作)
  • ● 課題制作C
    (用と美を考えた制作)
  • ● 課題制作D
    (古典写しによる制作)
  • ● 穴窯制作
  • ● 表現技法
    • ・ 素地土による表現
    • ・ 釉薬による表現
    • ・ 焼成による表現
  • ● 卒業制作
進級制作展
進級制作展
窯詰め
窯詰め
釉がけ
釉がけ

back top