美術科<2年制>

日本画コース/Japanese Painting

日本画独特の材料と用具を使い伝統的な表現技法を習得。人物・動物・風景などを題材として描写力を身につけます。

和紙や絹などに岩絵具や墨で絵を描き、簡素にして空間の深みや奥行きを感じさせる伝統の技法が日本画の特色。基礎学習では静物や花鳥・動物・人物・風景などの写生を中心に、自然との対話を通して観察力と描写力を養います。また、客員教授上村淳之画伯による課外指導、古典技法の模写や絹本、写生旅行、学外作品展、展覧会鑑賞など多彩なカリキュラムを設定しています。創画展、日展、院展をはじめ、公募展での受賞者が多いのも特徴です。

NEWS

一覧を見る

  • 2019.02.26
    日本画

    日本画コース公開講座

    リピーター続出の日本画コース公開講座が今年も開講されます!! 今年は土曜日講座だけではなく、平日の火曜日にも講座が開講されます。 【火曜日講座】 「中央アジア・シルクロードから見えてきた日本画の世界」水野 收の日本画概論 ...

  • 2019.02.21
    全コース
    卒展

    卒展2日前。

    あと2日、あと2日で学生たちの2年間、4年間の総決算「卒展・修了制作展」が始まります。 デザインコースでは、各クラスに分かれての合評会が開かれてます。 イラストレーションクラスでは、デジタルやアナログで制作されたイラスト ...

Pick UP!

松伯美術館で「日本画制作展」
奈良市にある松伯美術館で隔年3月に「日本画制作展」を開催しています。松伯美術館館長で客員教授でもある上村淳之先生の勧めで開催していますが、例年たくさんの方々に来館いただき、学生たちの大きな励みとなっています。

卒業後の進路

伝統的な日本画技法で描写力を身につけた学生は、仏画や掛軸の制作、仏像などの古美術修復、一般企業の広告・宣伝部門、デザイン事務所、イラストレーター、漫画家、日本画作家、美術教員など幅広い分野に就職します。また自然の描写力を生かせる職場としてゲーム会社に就職し、背景などを描いている先輩もいます。

取得可能な資格 中学校教諭2種免許状(美術)
職種
日本画関係関係
日本画家・美術研究員・古美術修復など
教育関係
中学校美術教員・絵画教室講師など
広告業界
広告宣伝デザイナー・企画スタッフなど
和装業界
着物の絵付師
造園業界
造園デザイナー
観光関連業界
観光案内ツールの企画・制作スタッフなど
美術品業界
美術品の企画・販売スタッフなど
一般企業
企業の広告・広報スタッフなど

back top