広報室ブログ

もっと奈良芸!

日本画コース公開講座紹介(土曜講座)

広報室ブログ日本画日本画コース

前回日本画コースで開講されている一般の方向けの公開講座、火曜講座を紹介しましたが今回はもう一つの公開講座、土曜講座を紹介します!

 

昨年度までは前期後期共に全7回で開講されていましたが、新型コロナの感染対策のため今年度は回数と内容を大きく変更して開講されました。

まず回数は今年度は後期のみとなり、お昼休みを挟んだ午前午後で制作して完成させる全1回へと変更しました。

そして内容ですが、午前にF4サイズの和紙ボードに金箔を貼る箔押しと呼ばれる作業をした後、午後に岩絵の具を用いて午前に作った箔押しボードの上に日本画家の前田青邨「浜の松」を描いていくという、1日でもしっかり体験していただける内容になりました。

 

講座では制作だけでなく、先生からのお話もあります。制作に使用する金箔や岩絵の具の話はもちろん墨や筆、紙のことも詳しく解説してくださいます。受講者さんからの質問にも答えてくださるので、皆さん今まで疑問に思っていたことや画材の使い方についてなど、たくさん質問されています。

制作の方では、自分で岩絵の具に膠を入れて溶くところから体験していただきます。本番に入る前の準備として練習用のボードに箔押しをしたり、松の絵のお手本を見ながら墨で描き方を掴んだりとそれぞれの段階で本番前に少し練習をしてから進めていきます。1回に10名までの少人数制ということもあり、初心者の方でも先生に気軽に質問したりアドバイスをもらえる雰囲気となっているので安心です!

こちらも火曜講座同様、金箔や岩絵の具、和紙ボードやその他画材など必要なものは全て学校で用意してあります。材料費は別途必要となりますが、筆や絵の具など個人で事前に揃えていただくようなものは特にありませんので、気軽にお越しください。

 

2021年3月までの今年度分の募集は終了していますが、2021年4月からの来年度にも開講が予定されています。

来年度の講座の詳細が決定次第ホームページにもお知らせがありますので、日本画が気になっている方や画材を揃えるのは難しいけど少し体験してみたいと思っている方はぜひご参加下さい!

4分割土曜講座

back top