濵田恵莉果

濵田 恵莉果

インタビュー

宮城守男

宮城 守男

インタビュー

松本葉月

松本 葉月

インタビュー

秋山みゆき

秋山 みゆき

インタビュー

西村晴奈

西村 晴奈

インタビュー

畑中真弓

畑中 真弓

インタビュー

426b6f4c7faa4757205ec4a0a5f46dee

青木 聖

インタビュー

汗びっしょり、手はまっくろ…でも、とっても楽しい金属工芸にチャレンジしてみませんか。
日下部美和

日下部 美和

インタビュー

学生達の発想を大切にしています。テキスタイルらしくて、らしく無い、幅広い繊維造形を目指しています。
鈴木惠

鈴木 惠

インタビュー

学生達の発想を大切にしています。テキスタイルらしくて、らしく無い、幅広い繊維造形を目指しています。
宮里茂治

宮里 茂治

インタビュー

木を知り、木と触れ合うことから始まります。ウッドワークから生み出される楽しい作品達との出会いに期待しています。
5abfede900b4bb32514a8898eda4abb1

和田 誠之

インタビュー

木を知り、木と触れ合うことから始まります。ウッドワークから生み出される楽しい作品達との出会いに期待しています。
高垣リミ

高垣 リミ

インタビュー

木を知り、木と触れ合うことから始まります。ウッドワークから生み出される楽しい作品達との出会いに期待しています。
岡本綾子

岡本 綾子

インタビュー

いろいろな宝飾素材との出会い…そこから始まる徹底したハンドメイドの時間。アートなジュエリー制作を指導しています。
英比道子

英比 道子

インタビュー

いろいろな宝飾素材との出会い…そこから始まる徹底したハンドメイドの時間。アートなジュエリー制作を指導しています。
安東昌郎

安東 昌郎

インタビュー

さまざまに変化する光の素材、ガラス!!ステンドグラスや電気窯による熱成型パネル、ランプ、オブジェなどをつくっていきます。
酒井朱美

酒井 朱美

インタビュー

さまざまに変化する光の素材、ガラス!!ステンドグラスや電気窯による熱成型パネル、ランプ、オブジェなどをつくっていきます。
12c40076c3677dc024287c14eda5e6a2

佐々木 徹

インタビュー

牛革、豚革、羊革などを素材として、アートなオブジェからインテリア用品やバッグまで幅広い造形にチャレンジします。
濵久仁子

濵 久仁子

インタビュー

メディア制作の基礎になるデザイン力と感性を養います。形態と色彩による構成を重点的に学習し、デザインの教養を身につけます。
平田裕信

平田 裕信

インタビュー

コンピュータによる制作を展開しています。基本技術を身につけ表現の幅を広げて制作やプレゼンテーションに活用できることを目指しています。
富松暖

富松 暖

インタビュー

クラフトメディアの作品制作に、様々なインスピレーションが閃くような実習を実践します。
足立真実

足立 真実

インタビュー

染織はつくり手の意図がさまざまな素材や技法のプロセスを通して表出される造形です。まずは素材と仲良く!
大塩正

大塩 正

インタビュー

赤膚焼窯元、日展会友、日本現代工芸美術展本会員、表千家同門会会員、英国皇室に作品献上。伝統の技に新しい釉薬の研究開発し、独自の創意をもってモノづくりに挑戦しています。
526ae58b1d02990f6ab9b6b6500284ef

里見 厚

インタビュー

京都工芸作家協会会員。陶芸家藤平伸に師事。日展に出品、京展などで受賞。主に焼成について、楽しさや厳しさを伝えたいと思います。
松本康代

松本 康代

インタビュー

日展出品、新陶彫協会会員。自らを通じて、土から生まれるさまざまな表現、古代・現在・未来へ養われる創造力を探究します。
734e988d0a54553d20a5f799c0a001c7

石黒 紀子

インタビュー

新陶彫協会会員。土という素材で自分の内にある思いをカタチにしていきます。
カズ・オオモリ

カズ・オオモリ

インタビュー

奈良芸術短期大学・デザインコース卒業。アメリカの広告制作会社の社内イラストレーターを経て帰国。 様々なメディアで制作を手がけている。現場の追体験を通して次世代イラストレーターの育成を行っています。
岸川国芳

岸川 国芳

インタビュー

授業では、広告のクリエイティブとその知的創造の魅力を伝えます。広告会社で約40年間クリエイティブディレクターとして、多くの広告キャンペーンを手がける。東京アートディレクターズクラブなど受賞多数。
小山彰

小山 彰

インタビュー

デザインツールとしてのグラフィック・web用ソフトの習得をめざします。基礎を学んで発展できるよう積極的に取り組んでください。コミュニケーションを大切に授業を進めていきます。
高西信治

高西 信治

インタビュー

テクニックも大切ですが、モノの見方や発想法を学ぶことはもっと大切です。そこで数多くの企業の広告などを手がけた経験を元に授業でお伝えします。日本広報学会・デジタル教科書学会会員、JAGDA会員。
吉滝利紀夫

吉滝 利紀夫

インタビュー

絵本は面白い。さあ、実際に絵本をつくってみよう。又、クリエイティブなオリジナルキャラクターの制作とその活用術、ブランド研究、クリエイティブ・アイデアのスキル向上をめざしています。
加守理祐

加守 理祐

インタビュー

関西大学卒業。広告代理店「大広」写真部嘱託を経てフリーカメラマン。得意分野は人物で、近鉄バッファローズ専属として球団消滅まで撮影を続けた。現在も日本電気や近鉄のラグビー、バレーボール専属取材を中心に現場で活躍。
神田友美

神田 友美

インタビュー

文字は言葉をカタチにしたものだから、その言葉の意味にふさわしい書体を使いたい!もっといろんな書体があってもいいのでは?!という思いで、表情豊かな文字をめざして毎日コツコツ作っています。
関根祐司

関根 祐司

インタビュー

京都市立芸術大学卒。日本タイポグラフィ協会会員。グラフィックデザイナー。「伝わる」グラフィックを指導するようにしています。「自分が気に入ったそのデザインが何故良いのか?」を普段から考えましょう。
中島隆章

中島 隆章

インタビュー

人に思いを伝えるという純粋な行為を通して、表現というものをじっくり考え、 取り組んでいきたいと思います。
山田いづみ

山田 いづみ

インタビュー

実技指導に加えて、グループディスカッション、対話型授業などを取り入れています。その過程で、学生個々の内面に潜む表現に対する思いの発見や、コミュニュケーション力の向上を手助けしていきたいと考えています。
91d5c9b6fcaa11a3f7bd53fa599407c9

大槻 睦子

インタビュー

創画会准会員。今の自分にしか描けない絵をみつけて欲しいと思っています。
菊池啓二

菊池 啓二

インタビュー

日展会友。装飾デザインでは、扇子、団扇、掛軸の制作を通じて日本文化のよさを再認識しながら表現技法を身につけていきます。
正垣雅子

正垣 雅子

インタビュー

模写は原本の美を探求する学問です。作画の追体験を通して、原本が制作された時代と地域の美意識と表現技法を学びます。
584026ae70d01309e05faed37365f052

辻野 宗一

インタビュー

対象と向き合い感じたことを表現に結びつけることと、その表現を共に模索できる場になればと思います。
608471914c1e6fd21b71f8c29c7a40a3

中尾 壽男

インタビュー

創画会会員。写生は対象を記録するのではなく、写生することによって、自然から学ぶという姿勢が大切。
4f4294fbda2aa5308577117268c42ccd

水野 收

インタビュー

日展会員。学生の個性を見抜き、それを磨くよう日本画制作を通じ、忍耐強く心に語りかけるよう指導しています。

山下 智子

インタビュー

制作に没頭する時間を過ごしてほしい。自分を助け、支えてくれる作品が描けるはずです。
日下部美和

日下部 美和

インタビュー

未知の体験に驚いて、楽しんで、苦しんでください。基礎をしっかり学び本格的な織物が織れるように指導します。
迫畑和生

迫畑 和生

インタビュー

自分の感性を表現できるように、手の感覚を生かしシルクスクリーン技法でプリント基礎を学びます。
澤田絹子

澤田 絹子

インタビュー

織物の基本を学び土台つくりをします。その上に本格的な織物創作を試行錯誤しながら積み上げましょう。
舘正明

舘 正明

インタビュー

身近な素材である布の可能性を染色で開花させましょう。
外村達彦

外村 達彦

インタビュー

学生個々の適性に配慮した、資質伸長指導を心がけています。
富松留幹

富松 留幹

インタビュー

クラフト作品を制作するには、旺盛な制作意欲と強い探究心が必要です。それには、自分自身が持っている無限の可能性に気づくことから始まります。なかでも、最も大切なのは自己のアートマインド(芸術性)の探求であると考えています。そのため、一人ひとりの潜在能力や感性を磨き高めることを目指すとともに、制作の歓びを体感することで困難を乗り越えていく精神力を身につけるように指導しています。
大谷千恵

大谷 千恵

インタビュー

基礎を大切に育むとともに、染色や織物という表現技法を通して学生一人ひとりの感性を伸ばし、個性的な作品の制作につながる応用力を身につけられるよう指導しています。そのためには、常に自然と対話し、自然から多くのモノを学ぶことが大切です。自己の内面と向き合い、感性を磨く努力を続けること。そして自ら模索・探究する熱意と、最後までやり遂げる皆さんの粘りに期待します。
河野榮一

河野 榮一

インタビュー

陶芸は「土」「釉」「炎」で変化が生じ、必ずしも自分の思いどおりにはいきませんが、そこにすばらしい魅力があり、やればやるほど面白さが増す芸術です。日々目にするものの中から美しい、面白い、不思議と感じるものを意識してインプットし、造形に対する鋭い感覚や個性、豊かな創造力を生かして自分の世界をつくりだしてほしいと思います。時間をかけて、技と感性をじっくりと磨いてください。
1 / 3123

back top